外為取引(FX)の投資についての対象は各国各々の公式貨幣なのです。貨幣に際して吸収してみようと思います。・通貨には「基軸通貨」とよばれる公式通貨があります。基軸通貨の意味ですが国ごとの間の決済に関してや金融機関の取引において中心的に使用される流通通貨のことを指し、今は$(アメリカドル)であります。一昔前は英ポンドが基軸通貨でありましたが第二次世界大戦後はアメリカドルになったのであります。・FXで流通されている公式貨幣の種類については、他で言う外貨投資に比較してみた時すごく多いのが特殊性なのです。FX会社によって取り扱う貨幣の種類に関しては、異なってきますが、平常では約20種類ある様子です。流動性が大きい公式通貨をメジャー通貨と言います。変動が大きいが表すことは売り買いが積極的に実施されていまして、流通貨幣の取引がたやすいことです。主とされている公式通貨には上記で述べました基軸通貨のアメリカ合衆国ドルに、日本の円、ユーロの3種の貨幣があり、世界の3大通貨言われています。英ポンド、ニュージーランドのドル、カナダドルなどが準メジャー通貨と表されております。メジャー通貨、準メジャー通貨以外の流動する性質が少ない通貨に関してはマイナー通貨と言われて、相当に国の勢力や経済力が弱い国の流通通貨で、南アフリカランドや人民元、ポーランドズロチ、トルコリラなどが主とされている通貨に関しては行き渡りしておる量が多いので価格の起伏が静止していて、情報の量も多いのだそうです。マイナー通貨においては利息が高い通貨という事が多いので値の激動が激しいみたいです。価格の起伏が激しいという事においては、絶大な収益を受け取るタイミングがあるのですが、利益を得る機会がある分好ましくない結果の可能性も予断を許さない事があります。また動きがあまりない貨幣ですので、終了決定したいと思っている時に限って終了が不可能である状態になり得る事があります。どの通貨を選択するのかという事については、別々の流通通貨の特性を抜かりなく研究してから実践する事は不可欠であると感じます。