どこにでもある初心者用のFX投資の書籍では「損をした時はナンピンによってポジション全体の買い付けコストを小さくする事が出来る」などと述べられているが実際はナンピンには相当大きな罠がある。まず最初に、ナンピンの仕組みに関して分かりやすく記述しておきます。たとえば、1ドル=100円でドルを買ったとします。ドル買いということで、円安に進むほど利益が出るわけですが思い通りに行かず1ドル95円までドル安方向に向ったとします。この状態でポジションを所有し続けたら損失が回復するまでには損した分円安ドル高に向わなければなりません。誰もが、赤字は早急に回復したいと思います。これを解決するためはじめにエントリーしたのと同じ量のドルを1ドルを95円で売買します。これで、全体の価格は1ドル=97.50円まで引き下げることができます。この結果、2.50円の幅で円安ドル高に進めば損失を回復する事ができます。こういったことがナンピンのロジックだ。このように、ナンピンの方法を理解すると、「その通り」と思ったりするがマーケットは容易には問屋を卸してくれない。初めから、95円が底だということなど、誰にも分かるわけがありません。仮定として、市場が相当に強いドル安動向であるならば、95円では下げ止まらずに、より円高ドル安が加速する確率は高いです。ひとつの例として、97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず、95円までドル安になったらナンピン買いした分についても損失が生じることになってしまうのである。そういう状態では最初にエントリーしたドルと一緒に2倍の為替差損が生まれる事になります。この例のように、ナンピン買いは厄介です。それでは、為替相場が物語とは逆に素早く進む場合どの対策でリスクを管理すればいいのでしょうか。この場面では取れる選択肢は2つ。最初のひとつは覚悟を決めて損切りをすること。もうひとつの選択肢としてはその時に、自分が持っている買いポジションを縮小することで、再度外国為替市場がリカバリするのを何もしないで待機する事です。ちょっと大人しい手段だと言う人もいるでしょう。だが、自分が保持している買いポジションに為替差損が生じた時最も妥当な手法はこれ以上のものはないです。確かに、理論としては、ナンピン買いする術もあると思います。だがしかしナンピン買いは、損失を披っているのに買いポジションを縮小するどころかそれとは逆にポジションを積んでいく対策です。この方法では、リスクをコントロールすることなどどう考えてもやりようがないと考えるべきです。ナンピンをし続けられればいずれはマイナスがプラスになるかもしれません。だがしかし、その前に資金は無くなってしまいます。