FXのパターンには取引所取引という場所があります。普段のFX企業とトレードを実行する事柄を「店頭取引」と言いますがこの取引については取引所を通行させないで売り買いのペアは外為取引(FX)会社になります。「取引所取引」という場所はFX会社はとはいっても仲介であるので、直の取引対象は取引所を意味する事になっています。この相違をただ今少し比較していきましょう。初めに「店頭取引」の場合は一時預かりしてあるお金は外為(FX)会社に管理されているのです。他方「取引所取引」の時、お金は総額取引所にデポジットしないとならないと義務になっているのです。もしかして外国為替証拠金取引(FX)企業が倒産してしまうというような話が万が一あったとしても後者は、取引所によってお金は全てのお金が擁護されているということになるのです。時は外為会社が管理しているため、場面により会社経営破たんの跳ね返りをに襲われて寄託していた証拠金はガードされずなのです。及び税金面でも両者においては条件に違いがあります。「店頭取引」では、為替差益やスワップポイントなどを雑所得として月給と累計で申請しないといけません。確定申告しないで済むケースもあるみたいですので、自身にマッチするか当てはまらないか注意深くチェックしてください。もしも貴方が勤労者で収入二千万円以下、給与の所得をはみ出した手取りが二十万円以下(2.3の事業者から給料の所得がなし)といった取り決めを満たしている状態でいるのなら特別という事で確定申告は不要で大丈夫です。FXのもうけが二十万円以上次第は確定申告をしてください。税率は稼ぎに即して5から40%の六段階に文節されておりまして、利益が高いならばtaxも値上がりします。「取引所取引」では、利潤があった折はそれ以外の収入とは別で考え「申告分離課税」の的になってしまうのです。税率は全て同じ20%となるのですが、仮に赤字が確かになったならば「取引所取引」の益として損分を次年以降に繰越ができるのです。上記から読んでも、「取引所取引」の方が安価な税になる際もあるので比較して研究していった方が良いでしょう。分けても初心者のケースは、JASDAQ株価の動きや円相場に毎日注意して、黒字や赤字に一喜一憂する事で、税金に関しての事態を忘れて放置になることもあるんです。損分は困るけれども、実収が高騰すれば税金についても多くなるので目を向けるのと認識が重要との事です。