「スプレッド」とはFX投資は二国間の通貨を売り買いして利ざやを狙う商品です。買ったり売ったりの価格は、常時上がったり下がったりします。これが為替レートです。テレビを見ていると、ドル円やユーロ円のマーケットの話題が流れる状況があります。よく見るのが「現在のドルは80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。これは80円50銭から80円52銭の間で買ったり売ったりされているという訳ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを表しています。別の言い方をすると、FXには買値と売値の2個の値段が存在するのです。売値のことをビット、買値の事をアスクと提示している取引業者も存在しています。一般的に売値のほうが買値よりも安く設定されるものです。買値は高く、売値は安くなります。その差分をスプレッドといい、取引業者の収入とされています。スプレッド幅はFX業者によって異なります。スプレッドの幅は自分自身にとって負担になるので狭い業者をセレクトするほうが得です。ただし、同じ取引会社でも場合によってスプレッドは拡大したり、縮小したりします。例として通常時は円とドルの組合せで1銭のスプレッド幅でもレートの変動がかなり大きい場合には大きくなったりする状況があります。そのため、スプレッドの幅が狭いのと同様に変化しないのが不可欠です。この頃では決まったスプレッドの幅を提示するFX業者も多く存在しています。実際に取引会社のトレード画面上で実際の為替相場を見なければわからないのでやっかいですが、肝心な事です。大事な財産を投入して売り買いするのですから、本物の売り買いの前に、気になるFX業者の新規取引口座開設をいくつもして、表示されているスプレッドを実感しましょう。同じ通貨ペアでも、その時点の為替相場の条件によって、通貨のスプレッドの狭さは異なります。通常、インターバンク市場で取引量の多くて、流動性の高いペアではスプレッドが狭くその他の通貨ペアではスプレッド幅が拡大するのが普通です。