本日は為替取引におけるベーシックな事柄についてのお話をします。為替とは何かというと「お金の送らない場合でも資金の受け渡しの行為を果たす取引」になります。通常為替相場といえばたいてい外国の為替を表す場合がほとんどです。外国の為替は通貨の換金をする事です。他国へ旅行(スペイン、アメリカ)などしたことがあるならばほとんどの方が外国為替の体験があります。近くの銀行で他国のお金に換金するのはそれこそが外国の為替にあたります。為替市場というのは、買おうと思っている人と売りたいと思う人の値段を指すものです。銀行と銀行の間での取引によって決まります。その銀行がマーケットメイカーと俗にいう世界のいくつもの銀行です。為替相場はいろんな見えない力を受けながらもなお引き続きみるみると変わります。相場を動かして行くきっかけは、ファンダメンタルズというものがあります。ファンダメンタルズというのは経済のゆくえ、経済のベースやいろいろな要因のことを言います。国の経済成長率や景気の状況、物価の水準、通貨政策、外国取引の収支、重要人物の一言と言った事柄が関わって為替のレートは変化し続けます。中でも外国取引の収支や失業者数は重要ポイントと思います。貿易収支とは何か日本の組織でいう省庁(外務省)の用命で日本銀行が貿易の統計を利用して取りまとめた他の国とのある日数の売買を記したものです。貿易収支は中央省庁や日本銀行のホームページ等で開けます。雇用者の統計・失業者の数も重大となることが多い項目だと言われます。中でも米の雇用者の統計は注目されます。月に一度公開され調査目当てがワイドな点がポイントです。為替の相場の変化は各国の経済の動きなのです。経済自体の変化を理解することによって為替の相場の変動の把握が可能と言うことです。