初めて取引する時という場合には、下準備をしなくてはいけません。。相場に入る前であったら起こる事を合理的に見ることができる余裕があります。ところが、トレードの中へ入ってしまうと、どうしても物の見方が自己中心的になり、往々にして適切な見方が出来なくなる。リスクがあります。その分メンタルが理性的な場面で適切に準備をしておくことが大切です。この”j事前準備”のためには、とにかく自分の脚本を描くことからスタートする。この先の投資状況は上がる(または下がる)から、ユーロを買う(あるいは売る)みたいに自分のシナリオを立てていくのだ。次に重要なのはチャートを見ましょう。過去の相場の推移を確認して、今現在の価格を確かめます。すると、「今現在は結構安すぎるレベルにある」それとも「とっくに大方の買い(あるいは売り)に動いているから今から自分が取引してももう間に合わないな」ということが判断できます。もはや売り(または買い)するが遅いと思ったならば、エントリーしないで、この場面ではすっぱりと吹っ切ることが重要です。どう工夫しても自分自身の台本を押し通そうとして、無理やり取引すると為替相場にやられてしまい反対に為替差損を受けることになる危険があります。とは言うもののかなりの場面で、用意周到に自分自身の脚本を考えているとすれば、エントリーが遅いということにはならないと考えます。大方、リアルにマーケットが上下動する前のはずだからです。続いては、差し当ってあなた自身が取引しようと検討している外貨ポジションの変動を、ちゃんと確認する事が重要です。もし、円安が進むであろうという台本を書いたのであればドル円の動きに注目しておきます。マーケットの変動をチェックし始めた状況ではその外貨は明確に上げ下げする気配を見せないで、小さな上げ下げを繰り返しているだけだろう。しかしながら、その推移をじっと調べているとある位置で着実に円安の方向へとマーケットが向い始めます。このチャンスでやっとドル円の新規取引します。一般的に、ここまで計画的に用意をすれば、その売買で勝てる率はかなり高くなるはずです。