ここでは為替市場に関する根本的原因に関する説明をしたいと思います。為替とは何かというと「目の前で金銭の送金をしなくてもお金の受け渡しの望みを実現する取引」を示します。よく為替相場というのはあらかた外国為替のことを言うというケースが普通です。国際の為替は二つの国の通貨の取り替えをする事です。外国旅行(イギリス、ベトナム、アメリカ合衆国)などしたことがあるならば、当然外国の為替のやり取りの経験があるでしょう。近所の銀行で違う国の金と交換したら、それこそが外為なのです。為替のレートとは、買いたいと思う人と売る側の額を表したものです。銀行同士のやり取りによって確定されるものです。その銀行はマーケットメイカーと言う指定の銀行なのです。為替のレートはたくさんの影響を受けても休むことなく時間とともに変動して行きます。為替の相場を変化させる要素となるのはファンダメンタルズというものが言われます。ファンダメンタルズとは経済のゆくえ、経済の基本や様々な要素のことを表します。国における経済成長や景気の状態、物価の変動、金融緩和、外国取引の収支、無就業者数、重要人物の発言と言った原因が関係して為替のレートは変化し続けます。中でも国際収支や失業者の割合は影響力が大きいと思います。国際収支統計というものは日本では財務省の委任で中央銀行(日本銀行)貿易の統計を土台として書いた他の国との一定期間の貿易を記載したものです。国際収支は行政機関や日本銀行のHP等で確認できます。就業者の統計、失業者の数も重要ポイントとなるケースが多い理由だと言われます。ひときわ米国就業者の統計は影響します。月ごとに公表され調査の対象が広いことがポイントです。為替の変化は経済活動の変動を指しているので。国の経済の変動を見定めることによって為替レートの推移予想が可能となると言うことです。